ウェディングドレスのデザインとブライダルエステのメニュー

ウェディングドレスのデザインとブライダルエステのメニュー

ブライダルエステは、ウェディングドレス姿が映えるように、美しく着こなせるように、というのが最大の目的です。
ですから、ブライダルエステのメニューを決める時には、ウェディングドレスのデザインを考慮して、メニューを決める事が重要です。
(例えば、そのドレスを着た時に露出する部分、目立つ部分を重点的にケアして、露出しない部分、目立たない部分のケアは軽めにする、または、ケアしないなどです。)
ですから、ブライダルエステのメニューを決める前に、どのようなウェディングドレスにするのかを先に大体でも決めておくべきでしょう。
そして、自分の頭の中だけで決めるのではなく、実際にそのデザインで、自分に合うサイズがあるかどうかを確かめておくべきでしょう。
もちろん、ウエディングドレスはサイズがいろいろあるため、痩せている方はもちろん、太っている方でも合うサイズがあるものです。
とはいえやはり、実際は標準的な範囲の体型ではない場合にはウェディングドレスの種類・デザインがあまり多くないので、標準的な体型から離れれば離れるほどデザインなどの選択肢が少なくなります。
これは式場、貸衣装屋さんでも需要の多いドレスを多く準備するので、仕方のない事です。
そのため、体型・サイズによっては、希望するようなデザインのドレスが無い場合もあり得ます。
ですから、気に入ったデザインのウェディングドレスがあったけど、サイズが小さくて自分には合わない、なんてこともあるでしょう。
そういった場合には、ブライダルエステの痩身エステでどうにかなりそうかを無料カウンセリングなどで先に相談してみるのもいいかもしれません。
(それに、やはりスタイルが良い人の方がウェディングドレスが映えるものなのです。)
ただしブライダルエステの際には、挙式の日までというタイムリミットがありますから、注意が必要です。
期間があまりないのに、気に入ったウェディングドレスを着たいからブライダルエステを必死にする、といってもやはり限界があります。
思ったほど痩せられずに着られない、という事もあり得ますから、過度の期待は禁物です。
(逆に、このウェディングドレスに決めた、と思ってブライダルエステを必死にしたところ、痩せすぎてサイズが合わなくなった、という事はほぼあり得ませんから、こういった注意はほぼ必要無いでしょう。)

ですので、目標を定めるのはいいですが、あくまで結婚式の当日に間に合うかどうかという事を考えておく必要があります。
一生に一度の失敗できない結婚式ですから、期間に余裕を持ってウエディングドレスのデザインを決めて、どの部位を重点的にケアするのかを決めるのが良いでしょう。

 

 

ブライダルエステ人気のお試しランキングはこちら