結婚式や結婚披露宴に取り入れたい演出や余興

結婚式や結婚披露宴に取り入れたい演出や余興

一生に一度の結婚式ですから、誰もが無事に成功させたいものです。
しかし一生に一度だからこそ、分からないことや不安になってしまうことも多いことでしょう。
そこで、今回は結婚式や披露宴の演出や余興について、簡単にではありますが、ご紹介させていただきます。

 

 

結婚式前に会場を和やかムードにするためには?

結婚式が始まると新郎新婦はもちろんのこと、ゲストも少なからず緊張をしてしまうものです。
そこで、ゲストのみなさんを迎える際に、出来るだけ和やかなムードにするにはどうしたら良いでしょうか?
ウェルカムドールに一工夫加えて、笑いの取れるものに変えてみたり、ウェルカムボードを等身大のコスプレにしてみるなどユーモアのあるものにしてみるだけで、ゲスト同士での会話に笑いが生まれたりします。

 

また、受付の際にポラロイドカメラを使用し、写真にメッセージを書いてもらうのもおすすめです。
ゲスト参加型の演出になるので、その写真をスライドショーにして流したり、アルバムにまとめたりすると一生の思い出になります。
さらに、海辺の結婚式場などであれば、入場シーンをクルーザーで登場して、会場を沸かせるなんていうサプライズ演出も、ゲストに驚かれるかもしれません。

 

披露宴中は会場全体を巻き込む演出がおすすめ!

結婚披露宴は、新郎新婦がゲストにおもてなしをするために行うものです。
新郎新婦の自己満足などで終わらないように、会場全体が一体となって楽しめるように工夫することが重要でしょう。

 

ゲストも感動する初めの演出が、席札に書いたメッセージです。
とても手間のかかる作業ですが、披露宴中には一人一人挨拶ができないことも多いので、ここで参列してくれた感謝とゲストとの思い出などのメッセージを添えるととても感動します。
絶対に面倒臭がらずに心を込めて書きましょう。
また、受付の際にお渡しする席表に、新郎新婦との関係性を記入しておくだけでも、ゲストの方に関係性がわかるので、自然な会話が生まれやすく、会場が和やかなムードに包まれやすいです。

 

ユーモアのあるゲスト参加型の演出は?

最近では、様々なスタイルの演出がされるようになってきています。
ゲストと楽しい披露宴を過ごしたいという方も多くなってきているでしょう。
そこで、おすすめの演出が、新郎がビールサーバーを担ぎ、ゲストのテーブルを回るビールサーブや、新郎新婦の幸せが天まで届くよう願いを込めるバルーンリリース、リゾートウエディングを派手に盛り上げたいという方には打ち上げ花火、最近注目を集めるようになってきた巨大クラッカーなどです。
ただ、ハメを外しすぎると取り返しのつかないことにもなりかねないので、ユーモアのある演出をする際には、事前にしっかりと打ち合わせをしておきましょう。

 

ゲストへのプレゼント演出はどういうものがある?

新郎新婦からゲストの方々に送るプレゼント演出は、ゲストにも楽しんでもらえる演出です。
プレゼント演出も種類がたくさんありすぎて悩んでしまう方も多いのではないでしょうか?

 

演出の一つであるブーケトスにも様々なものがあるのはご存知でしょうか?
ブーケトスは有名な演出ですが、ブーケプルズというものがあります。
ブーケトスはブーケを投げて取った人が次の花嫁になるとされていますが、ブーケプルズは、ブーケからリボンを何本か出しておみくじのように引きます。
1本だけブーケと繋がったものがあるので、それを引き当てた人が次の花嫁になるとされています。
一見変わった演出ですが、リボンを引く際のドキドキ感は楽しいものです。
独身男性に向けたブロッコリープルズという演出もあるので取り入れてみるのも良いでしょう。

 

また、ケーキサーブという演出もあるのですが、新郎新婦がウエディングケーキを切り分け、ゲストに配るという演出です。
一緒に写真を撮ったり少しの会話をする時間もあるので、非常におすすめの演出です。
この際に参列してくれたお礼を言うとさらに感動されること間違いなしです。

 

余興はどういうことをしたらいい?

初めて見るネタや、ハイレベルなオリジナリティのある余興は思い出に残りやすいです。
しかし、定番のネタやオリジナル要素が強すぎたりすると、あまり理解されなく終了してしまうでしょう。
余興をやるにあたって注意したいことは、自分たちの自己満足で終わらせないことです。
一部の人が知っているネタや、内輪だけが知っているネタだと盛り上がりに欠けてしまいます。

 

ポイントは会場全体がついつい見入ってしまうような楽しいものがおすすめです。
例えば、新郎新婦が同じ大学でダンスをやっていて、その時によく踊っていたダンスを画像付きのスライドショーにBGMをつけて踊るなんていうのは良いアイディアでしょうね。

 

また、お笑い芸人や、歌手に頼むのも良いアイディアです。
彼らは盛り上げのプロなので、会場の雰囲気は大いに盛り上がることでしょう。
最近では、マジシャンに頼む人も多いですが、その際には会場の人数とマジックの内容でバランスを考え、特に人数の多い披露宴では数人のマジシャンに依頼することをおすすめします。
芸人や歌手、マジシャンに依頼する時には、ネットで検索すると結婚式出張サービスなどもあるので、候補の一つに入れてみるのはいかがでしょうか?

 

ゲストが喜んでくれるかどうかという観点を忘れずに!

いかがでしたでしょうか?
今回は結婚式のプランニングにおいて、非常に悩みどころの多い演出や余興について、簡単にではありますが、まとめさせていただきました。
どのような演出をするにしても、ゲストが喜んでくれるかという観点を忘れないようにしておくことが結婚式、披露宴をスムーズに進行させるポイントとなってきます。
しっかりと下準備をし、みんなに喜んでもらえる結婚式をあげてくださいね。

 

 

ブライダルエステ人気のお試しランキングはこちら