あなたはどんな結婚式にしたい?素敵な結婚式のテーマについて

あなたはどんな結婚式にしたい?素敵な結婚式のテーマについて

プロポーズをされた後に待ち受けている結婚式は一生に一度のものです。
しっかりと準備をしたいところですが、準備に取り掛かる前に決めなければならないことがあります。
それは「結婚式のテーマ」です。

 

ウエディングプランナーさんからの質問でも、「お二人は、どんな結婚式にしたいと思っていますか?」という質問をされる事があります。
しかし、初めから結婚式のテーマと言われても、ただ漠然としていて、具体的には決まっていないということが多いでしょう。
しかし、結婚式にはテーマがとても大切になります。

 

なぜなら、どのようなテーマで行うかによって式場の雰囲気や、花の装飾、新郎新婦の衣装などがガラッと変わってしまうからです。
そのため、結婚式のテーマが決まっていないと準備に取り掛かれません。
そこで今回は、素敵な結婚式のテーマの決め方について解説していきます。
これを読んでいる皆さんが結婚式のテーマを決める際に、参考になれば幸いです。

 

2人で話あうことが大切!

結婚式の演出というのは、正直なところ自己満足な部分もあります。
そのため、新郎新婦どちらかの意見によるテーマになると、どちらかが納得していないウエディングテーマで結婚式が進んでいってしまいます。
結婚式は新郎よりも新婦の方がメインになる事が多いですが、もちろん新郎の意見も取り入れるべきです。

 

2人は、どんな結婚式にしたいのかをしっかりと話し合い、2人が納得したうえで、結婚式のテーマを決めましょう。
そうすることで、両方が納得できる結婚式になるはずです。
しかし、結婚式を挙げる上で、地域によっては、しきたりを重んじなければならないところもあるでしょう。
そのような場合は、ある程度テーマが絞られてきてしまいます。

 

2人の共通の趣味

結婚式のテーマを決める際には、2人の共通の趣味をテーマとするカップルがとても多いです。
例えば、2人の共通の趣味がアニメだという場合、ウエディングケーキをアニメキャラクターデザインにしたり、結婚式のBGMをアニメソングにしたりと、結婚式というものはある程度自由が利きます。

 

しかし、あまりにも個性が強すぎる結婚式というのも問題で、例えばそのアニメキャラクターがマイナーなアニメのキャラクターだった場合、ゲストは何をテーマにしている結婚式なのか把握できないので、完全に自己満足の結婚式になってしまいます。
それはそれで、アリと考える事も出来ないわけでもありません。

 

ただし、ゲストの中には会社の上司や部下、今までお世話になった人がいるということは忘れないようにしてください。

 

2人の好きな色

結婚式のテーマは、比較的自由に選択でき、色という面から考えていく事もできます。
例えば、2人の好きな色などをテーマにするというカップルもいます。
色をテーマとした場合、式場のテーブルウェアなどのカラーを統一するなど、会場のあらゆる装飾品を自分たちの好きなカラーにもできます。
例えば、情熱的な赤をテーマカラーとした場合、テーブル周りの装飾は赤、お花類も赤、ブーケも赤、カラードレスも赤とカラーをテーマとした場合、とても統一感のある雰囲気の結婚式になるでしょう。

 

中には、テーマカラーをイエローにして、会場内はところどころにイエローの装飾を加え、カラードレスもまぶしいほどのイエローにするという人もいるかもしれません。

 

2人を挙げる季節に合わせる

結婚式のテーマを季節に合わせるというのも良い方法かもしれません。
例えば、結婚式を挙げる季節が春だった場合、テーブルには桜の枝などを飾ってもオシャレかもしれません。
また、ケーキなどをピンク色に染め上げても良いでしょう。

 

しかし、テーマとする季節が冬の場合、とても難しい事になるのかもしれません。
なぜなら、冬というと、やはりホワイトが装飾などに使用する色になりますが、白はそもそもの結婚式のテーマカラーなので、特別感を出すのが難しく、白をテーマとしていても、それに気付かれないような事とにもなりかねないのです。

 

2人が創造する個性的なイメージ

結婚式のテーマを2人が想像する個性的なイメージにするのも良いでしょう。
例えば、新郎の趣味が絵画で、新婦の趣味がピアノだったとしましょう。
ピアノと絵画では、一見、統一性に欠けているようにも感じますが、それはそれで良いのかもしれません。

 

例えば、絵画を式場の壁一面にレイアウトして、新婦がその絵画に合ったピアノ演奏をするなどの個性的な演出もできます。
このような個性的な演出は、他の結婚式ではあまりみることが出来ない演出なので、ゲストからとても喜ばれる可能性もあるでしょう。
また、自分たちの記憶にも残りやすいので、良い思い出にもなるでしょう。

 

2人で話あったテーマなら後悔することはないはず!

このように、結婚式のテーマは自由に決めることができ、そのテーマに沿って式場の装飾や新郎新婦の衣装などが決まるので、とても大切です。
特に、テーマなどがない場合は、スタンダードな式でも良いと思いますが、やはり一生に一度の結婚式です。

 

出来る事なら、誰とも被ることがないような自分たちだけの演出をしたいものです。
そのため、みなさんは、今回ご紹介したテーマの決め方で、後悔しないようなテーマで結婚式を送りましょう。

 

 

ブライダルエステ人気のお試しランキングはこちら